「まるで眠っているかのような安らかなお顔で」納棺師